FC2ブログ

後世に伝えなければいけないこと①

2020年12月02日 00:38

観察のない冒険家の皆様が辿り着くように記事をあげます。

クエスト名: 大帝の追憶

大帝の追憶




クエスト名 花酔い

hanayoi.jpg


時々シンボルタッチしても場所を教えてくれない意地悪クエがあるんだよね@x@

そういうのは過去のブログの発見記事とかから場所を辿るのだけど

最近は消えてしまったブログとかも多くって、情報が薄いのです。

花酔いは 唯一 乙鯖 フィリッポさんのブログに当たったのですが

画像がピンポイントすぎて場所がわかんない;;

Wikiには左下ってなってるんだけど、左下木が生えすぎなんじゃ;;

そうしたら木というか、ええええええ@@これたしかに木だけどさ・・・@@@@@



そして、今週末Astraiosでは、歴史的事件による大海戦が発生いたします。

ポルトガルのセウタ VS イスパニア バレアレス諸島ジブラルタル

商会の人と、うちにはイスパニアの人が多いからイスパニアで出ようかねーと話していたところ

ギルダーさんから泣きが入ったので、自分だけポルトガルで出ることになりました@x@

だけど急な大海戦だし、文化投資もあるし・・・どーなるかなー@@

観察なし冒険はおすすめできません@@





スポンサーサイト



【第六回文化投資】港主との戦い【夜を駆ける】

2020年11月27日 23:40

第6回文化投資 が10月1日から10月5日にかけて開催されました。

第7回が来週から始まるんですけど@@?

そうです、2カ月放置したまま眠らせてました、熟成されております@@ごめんなさい@@

今回の 中南米東岸

いつもは1海域に5つの対象港があるのですが

今回は ヴェラクルス メリダ ポルトベロ マラカイボ の4港だけ

このエリア、港は数多くあるのですが、各国南米開拓港が多く含まれているのですよね

5つが4つに減るので、単純掲載で競争率が高くなりそうです

ただ、地図を見ていただければ判るのですが、ポルトベロはグランドケイマン マラカイボはウィレムスタッドと

ほぼ距離感が無い直近港があるのに対して

ヴェラクルスとメリダは トルヒーヨまで行かなくてはなりません。

メリダの場合、めっちゃお守り使って飛ばしても、1時間に13回デコボコが限界

ヴェラクルスだと、10回行くかいかないかかも?

ヴェラクルスとメリダを選択した場合は、通常と同じような投資で勝てるのではないか?と

個人的に思っていました。

さて、1日木曜日は割と遅くINをしました

miuharucoさんがヴェラクルスで開始しているとのことだったので

もうメリダ一択です。

INしたときのメリダは割と競争が激しく1G程度入れてる方が上位を占めていました。

ただ、文化投資は1G程度で終える方が多くいます

ご存知の通り1Gの投資で金紙が1枚もらえるます。

とりあえず1Gだけ入れて、後はどうにかなりそうだったら入れる勢が多いのかもしれません

メリダ上位の方はチラホラ見かけましたが、それほど活発ではなかったイメージ

だからmiharucomさんとの状況報告の時に、何とも言えないねと話した記憶があります。

ところが遥か遠隔のヴェラクルス

ここのトップの通称 芋 さんがめっちゃ活発に動き回っています

ヴェラクルスから トルヒーヨまで5分ほど往復がかかるはずなのですが、

怯みもせず休みもせず、猛烈な勢いで往復をしています

miharucoさんはちょっと厳しいかもと、初日にして私は感じ取りました

これはメリダで私が勝たないとあかん、メリダ必勝!!

INした時間は遅かったのですが、初日に1G程度の投入を行います

メリダ-トルヒーヨ間は、お守りなしの自走で1時間に11往復程度可能でした

政商の投資効果を入れまして1回の投資で22M入りますので、時給242M

1Gだと4時間はかかります。

また試験的に50%のお守りを使いますと 1時間に13往復 時給286Mの投入が可能なのも確認しました。

お守りを使わない方との差は1時間で40M程度

このような計算を序盤にしておき、どれくらいまで頑張れるか、どのくらい差をつけれるかの判断材料に私はしています。

さて、2日目に入り、どうやらメリダのライバルは絞れました

私のライバルは イスパニアのブラザートマス氏です。

恐らく2アカの方なのでしょうが、ここメリダに80Gを超える投資を重ねている港主

私も昔は投資をちょくちょく観察していたので

イスパニアの方がカリブや南米に並々ならぬ愛着を持っていることは存じております

しかし!!!

別にメリダを奪うわけじゃないんだから、文化投資位譲ってよ!!!!

いや、例え必要だったとしても、文化投資に出てくることないでしょ!!!

私は必ず料理を作って普及しなければいけないんだ!みんなに配るんだ、そして1枚12000で売るんだ!
(ウソ、リスボンでは20000で売っています)

むくむくと湧き出る敵愾心

ここにきてトマス氏と私の戦いは、主に私の妄想の中で激しく、禍々しく過熱していきます。

2日目までは私が引き離してのリード、そこまで死んだふりをしていたトマス氏でしたが

3日目から生き返ります

私がINしたときには、差が300m程度まで縮まっていました。

更に目前で往復を続けます

2日目まで一緒に引き連れていた2アカを置き去りにして、単独での行動は本気モードの証

私の前に立ちふさがるかガンダム!!

もはや気分はフルフロンタル!

ここで私が手に取りだしたのは50%速度UPおまもり!

虎の子のお守りを手に、果てしない往復に挑みます

途中で私との差が広がることに気付いたトマス氏も、そこから速度UP

奴め、お守りを使ったな!

一方ヴェラクルス戦線では芋さんも、そしてmiharucoさんも頑張っています。

私も負けれない。

文化投資の3日目の深夜、この時間

ここが毎回、クライマックスな気がします。

誰もが無言で夜を駆ける。

結局途中でいなくなったトマス氏との差を900m程広げたところで、もちろん外は明るくなっていました

900m差だったら4時間の差がある

4日目は日曜日だから、わりと活動できたとしても5,6時間?

トマス氏が頑張ってトップを奪ったとしても、私との差は400M程広げるくらいかな?

私は日曜日を無理やり寝て過ごし(いや、実は休みの日は夕方まで寝てます・・・)

深夜に密やかにINをし、数時間かけてトップを再奪取

更に400M程差を広げれば、さすがのトマス氏も諦めるだろうと算段しました。

ふふーふ、完璧だ!

そうして来た来た最終日 南米は夜の1時、南米は夜の1時 と歌いながらゲームにINをしました

どうやらmiharucoさんも夜中のINを狙っていたようで、リストで明るく光っております

さーて、一頑張りするかな!!

と思い、投資ランキングをチェックすると

えええ?ええええええ@@?と、そこには目を疑う光景がええええ@@?と二度見三度見します・・・

トマス氏1位は想定内だったのですが

私との差が1.2Gあるのです

昨晩というか今朝の状態で、私が900M差をつけての1位だったので

2Gちょいを埋めた?

1日で?

お守りなしで9時間だぞ、日曜日のんびりやって10時間

メリダの港主は化け物か!!!

ひー@@と思って、miharucoさんに報告すると
chat111.jpg

ヴェラクルスも似たような状況で・・・

いや、でも、ここから5時間頑張れば大丈夫だし(ふるえ)・・・と黙々と投資を続けることにしました

わりとハイになってきて、往復も何故か捗ります

差は1G内に縮まり、この調子だと5時間も掛からない気がするぞ、そんな強気になってきた時間

恐らく2時過ぎでしょうか、そうです、メリダの悪夢が蘇ります

私と入れ違いにメリダから出発する見覚えのあるマルタガレーが1隻

むむむ?もしや・・・いや、まさかな?と思い、震える手で海域検索をおこないます

そこには一人のイスパニア人が

ブラザートマス・・・

い、い、いきかえったー!!!!

chat2222.jpg

どうやらヴェラクルスもダメなようで、私の戦意もここで萎えてしまいました

しかし!

往生際と底意地の悪さでは定評がある私です

私は感情のままに、トマスさんにTELを入れましたw

chat3333.jpg

文化投資1位の人の多くは、料理を作らない傾向にあります

トマス氏も造らないのだろうなと決めつけて、

私なりの嫌味に悔しさと負け惜しみを込めて慇懃無礼にぶつけてしまったのです!

今思うと恥ずかしいのですが、4日間これだけ頑張ったのにむきーと本当に悔しかったのですw

今でも悔しいw

以下は、当日午前7時頃の結果となります。

この時間以降ランカー目指して頑張った方が幾名がおられるみたいで、公式の確定結果とは食い違いがあります。

メリダ
merida.jpg
完敗です

久しぶりに負けた、悔しい@@

ヴェラクルス
ヴェラクルス

芋さんは初日から最後まで走り抜けました、お疲れさまでした!

でもそれだけ途中で追いついてきたmiarucoさんが怖かったんだろうなw

ポルトベロ
maraakino.jpg

ポルトベロは5赤の方が一人で全部ランクイン

でもさ、1個か2個くらいは他の方に譲って上げてもいいんでないの@@?とか

意地悪に思ってしまうw

マラカイボ
marakaibo.jpg

マラカイボは1位の方が7Gと、Ast鯖では一番の投資量

マラカイボとポルトベロは、わりと往復が容易かったはずです。

ある程度の投資量で後続を諦めさせる必要があったのかもしれません。

ランカーも皆金額つぎ込んでいるし、激戦を感じさせます。


さて、今回は後日談がございます。

2日ほど不貞寝をしていたので、あれは10月7日の水曜日か

未だに怒りに震えながら航海をしていると、アーニャさんからTELが入りました

なになに、ピリカさん経由で私とどうやったら連絡を取ったらいいか教えてほしいと

ブラザートマス氏から連絡があったとの事

むむむむ!!

すかさずブラザートマス氏の名前をTEL欄に入れ込み、連絡を取るも繋がらず。

その日から、私の日課はとりあえず隙あらばブラザートマス氏にTELを送る毎日でした。

そして土曜日、ついに連絡が繋がりました。

結論から言いますと、ブラザートマス氏は私の嫌味を真に捉えて

文化投資料理を作って下さっておりました

しかも・・・私の要求通り2000個・・・

tomasusi.jpg
tamaru.jpg

最終日にお話しした時は、そりゃ唐突に話しかけたので反応も薄かったのでしょう

この日のトマス氏は非情に真摯で紳士で良い方でしたw

くっそ、最後まで自分格好悪いwwww

ブラザートマスさん、ありがとうw 楽しい4日間でしたw

【今回の文化投資教訓】港主は強し、油断をしてはいけない!


さぁ、皆様も文化投資で、心を折ったり、心を折られたして遊びましょw

【第四回文化投資】コモリン岬を越えていけ 【深夜2時の攻防】

2020年06月13日 04:01

第四回文化投資が5月の28日から6月1日10時半にかけて開催されました。

今回の1位特権レシピは タンドリーチキン!

前回は力負けしたので、なんとか雪辱を果たしたいところ。

そして文化投資でしか作れない料理を出来る限り広めたい!

そうです、文化的行動のためです!

これこそ文化投資、Viva文化投資!

決して不純な動機ではないのです・・・

そういうことで、自分も出来る限りのお金をかき集めて、文化投資に参戦してきました!
文化投資5<¥?

さて、今回の対象5港は ディヴ、ゴア、セイロン、マスリパタム、カルカッタの5港

1番人気はゴアになるのではないか?と推測

何度も説明いたしますが、文化投資を請け負うには、文化投資対象港以外の港の町役人に話し戻らないといけません。

ゴアからマンガロールは地形的にも距離的にもストレスがないはず

人気を分け合うのがセイロンか、ここもコチンからは近いはず

一番人気がないのはボンディシェリのはず!!

何しろ一番近い港がカルカッタじゃん、カルカッタと往復する人なんているはずない!www

と私的には考え、少し早めに家に帰り、マスリパタムに向かいました。
※文化投資に参加をするには、まずサグレスでエンリケ航海王子に話す必要があります。



しかし、これは大きな罠でした。

そう私が見ていたのは、ゲーム内の航海図である下記の地図だったのです。

mapper2.jpg

上記を見ると判断はつくのですが、ボンディシェリからカルカッタはゲーム内の航海図よりも遥かに遠いのです。

カルカッタとの往復を20ほどしていると、段々とストレスが溜まってきます。

カルカッタ南の半島に引っかかること引っかかる事

目を離してベンガル湾を放流すること放流すること

むぎー@@頭が破裂しそうになってきました@@

更に先行して投資を始め1位を奪取したはずなのに、何故か2位以下との差がジワジワと詰まってくるじゃないですか。

これはおかしいぞ@@

私はそう考え、同じくボンディシェリを往復しているAさんがカルカッタから出航したのを見計らい

思い切って声をかけます
lg1.jpg

Aさんはカルカッタとコチンのどちらかが速いかを試していたようで
lg2.jpg

快くコチンとの往復が早いと教えてくれたのです!

ああああああああ、騙された、ここで私はゲーム内の航海図と実際の地形が違うであろうことに気が付いたのですw

ここからはコチンとの往復です

私が最初に使用していたのはマルタガレーの戦闘仕様

カルカッタとの片道は4分ほど掛かっていたのですが

コチンとの片道は2分少々

おおよそ半分の時間で往復することが可能でした

バカみたい、何をやっていたのだか@@

さて、私的には誰もインドまで来て文化投資なんかしないだろうと楽観視をしていたのです

途中でmiharucoさんと情報交換をして、頂いた意見では

安全海域になったので、今回は競争が激しいのではなかろうか?

私のポンディシェリでは、そう激しくなかったのですが

ディブやゴアでは、序盤から激しく投資が行われていたようです。

いやいや、それは考え過ぎじゃないかなと内心は思っていましたが



そうです、私の想像はいつも裏切られます。

文化投資はこの後混迷を極めました。


2日目までで1Gの差をつけていたので、3日目の土曜日は悠々と。

帰宅してから天気の子を再々再度鑑賞し、さらにそのままうたたねをして。

時刻は深夜1時半

布団に寝ようと思い、寝る準備をしながら・・・

一応投資の状況だけチェックしようかなとPCを点けると・・・

@@?

@@???

1G差をつけていた2位の方に、200m差をつけられての2位に蹴落とされていたのです

ふぁー@@と思わず声が漏れた横を、2位のYさんが駆け抜けていきます

離席中になっているmiharucoさんのアピコメが「あきらめた」となっていました

私はこっそり「代わりに作る」と変更し、海に出ます

負けられない


船をマルタガレーからアドヴェンチャギャリの軍船偽装・蒸気機関・チーク仕様に変更します

小回りが必要な短距離の場合、マルタガレーよりも速い気がしたのです。

委任をしているYさんと、自走の私ですから、200mの差がジワリジワリと縮まります

それに気付いたのでしょう、Yさんも自走に切り替えました

しかし同じ自走でも蒸気機関アドヴェンチャギャリは伊達じゃない!

先に出発したYさんのマルタガレーをインドの南端で捕まえ、そして抜き去ります

ところが、その復路ではYさんのマルタガレーに逆にインド南端で捕捉されるのです

これは・・・Yさん・・・お守り使ったね!風神使ったね!!!

ここまで来たら私も退けません!

私は何としてもタンドリーチキンを造らないといけない!!!

風神ポチ!!

この時間からインドの南端をお互いに攻め続け Yさんとの死闘は深夜3時以降まで続きました。

インド南端のここは何という地名なんだろうか、朦朧とする意識の中で検索したところ

そう、インド南端は コモリン岬というそうです。


ポンディシェリ
ponnponn.jpg
私と死闘を展開したYさんは3位
2位の方は私の知人だったので、申し訳ないのですがどーしても料理が作りたいと1位を譲っていただきましたw
今回は消化不良だ@x@

マスリパタム
masuripatamu.jpg
1位の方が序盤で突き抜けてしまったみたいです。
2位から4位もレベルが高い。

セイロン
seiron.jpg
意外にもセイロンが一番投資金額が少なかったのですが、
これは1位のSさんが自走猛スピードで飛ばしていたことも影響しているのではないか?と思っています。
軽量蒸気機関バウンティ、めっちゃ速かったもんw
2位から5位までは大混戦で、当日朝9時位まで争っていたとか?

ゴア
goagoa.jpg
ゴアは予想通り厳しい戦い。
1位の方はタンドリーチキン生産に励まれている姿を、サグレスで拝見しました。
これは良いタンドリーチキン職人!

ディブ
debu.jpg
5位までが3G以上とレベルの高い争い
上位の方がインド近海で待機しており、牽制しあっているのが印象的でした。


Eosの投資金額と比較すると、今回はあきらかにAstraiosの方が競争が激しくなってしまいました。

通常ですと、もう少し参加がしやすい、上位争いに参加できる範囲で収まるのですが

過去3回はいずれも危険海域、途中から無法になる事もありました。

それを考えますと、やはり安全海域だったのが大きく影響したようです。

次回以降は、海域の状態にも注視しなくてはいけないようです。

tanndorichiken.jpg
こちらがタンドリーチキンさん

材料が 鶏肉5 塩3 コショウ3 

コショウの調達が大変だったのですが、12000個ほど作成しました。

リスボンのショップに時々並べておりますので、気が向いたら検索なさってみてください。
※値段は安くないです、ごめんなさい@@

【今回の文化投資教訓】
安全海域だと競争が激化する
自走は競争相手に見せつける


さぁ、皆様も文化投資で、心を折ったり、心を折られたして遊びましょw


[【第四回文化投資】コモリン岬を越えていけ 【深夜2時の攻防】]の続きを読む

【あつまれ】 第三回文化投資 敗戦記 【文化投資の廃】

2020年04月07日 17:27

やってきました、第三回文化投資、頻度が早いよ、前回からの期間が短いよ

前回開催が、1月30日から2月10日までの開催で 今回が4月2日から

えーと、2カ月も間隔ないじゃんか

自分は、南蛮をしないタイプの商人なので?商人か@@?

その間に文化投資予算4Gを回復させることは至難の業

手持ちのアイテムを切り売りして、なんとか3Gをかき集めて

はるばる来たよ、東アフリカ

今回もトップを獲るよー!

さて、今回の対象港は ソファラ、キルワ、ザンジバル、モンバザ、マリンディ 

頭を悩ますのは、どこの港をターゲットにするかです

文化投資は、最初に決めた港にしか投資することが出来ません

競争率が低い港でしたら、2G程度でトップを獲ることが出来ますが

激烈競争過密港を選ぶと、5G?5G以上の競争を強いられることになります。

さてはて
bunnkatousi.png

再投資を行うには、文化投資対象港以外の港の町役人に話してこなくてはいけません

上の地図を見る限り、往復しやすいのはソファラ→イニャンバネ

つまりソファラが一番人気になるはず!と私は考えました

むむむ、それならば・・・

モンバザとマリンディは モガディシオに行きやすくない???

キルワはモザンビークが比較的に近い???

ならば、それならば私はザンジバル!!

なにせ私ははるか昔、ザンジバルの悪夢と自称していたくらいだ!

arerukamo.jpg


ここはザンジバルでトップを獲るしかない!

そう勇んで、ザンジバル戦線に参戦決定、まずは20M(政商効果で22Mの投資となります)を投入するのでした

初日、2日目こそ順調、2Gほどの投資を行い、2位との差を1Gと広げます。

3日目、4日目と常に1Gほどのリードを取り続ければ2位以下は萎える!

これが私の経験則なのですが(3回目ごときで経験則を語るのは烏滸がましいですがw)

ところが3日目の4月4日に凛々りんごに付き合わされて冒険をして頭を使ったためか・・・

急激に体調が悪化

やばい、これはコロナか・・・と恐る恐る体温計を手に取ると、36度2分・・・平熱じゃん・・・

熱はお陰様でなかったのですが、頭痛と眩暈がするためお休みさせていただきました
(チワパも行けなかった@@ごめん)

日にちを挟んで、何とか回復

最終日4日の夜に恐る恐るINをしてみると

・・・ぎゃぼ・・・

まくられておる、1Gつけられておる、しかも5位じゃん・・・

前々日まではおられなかった方の3キャラと、1Gほど離していたランカーの方、4キャラ2人にきっちり逆転されておりました

むきー@@と思い、その日も2時間ほど頑張ってはみたのですが

お二方とも健在で、自分が差を縮めると、再度入れてくるという悪循環

こうなったら寝たふりだ!!油断させておいて、彼らが寝た後に入れてやる!

その間、商会BCをビッキーで遊び、勝機を虎視眈々と狙います。

し、しかーし!!

3時間ほどしてザンジバルの文化投資ランキングをコソコソ見てみると



それはまるで

まるで 
57518942.jpeg


人の心を折るには十分な景色が広がっていました

それは、先ほどまで4位だった方が、1位をさらに突き抜けて投資を重ねている現状でした

とりあえず5位だと怖いので、なんとか3位まで押し上げて

その方に「負けました。先に休ませていただきます」と連絡をし、気絶することにしましたw

あーあー料理を作りたかったよー!!

料理を作って、今回参戦出来なかったミハルコさんに分け与えることが一番のモチベーションだったのにw


ザンジバル
ザンジバル

ソファラ
sofara.jpg

キルワ
kiruwa.jpg

モンバサ
monbaza.jpg

マリンディ
マリンディ


なんだよ、ザンジバルが一番激烈だったじゃんかよ!!

【今回の文化投資で学んだこと】
距離に関係なくメジャーな港は激戦地となりうる

さぁ、皆様も文化投資で、心を折ったり、心を折られたして遊びましょw

文化投資の間隔は3ヶ月以上は欲しいのぉ@x@




心を折れ!文化投資のススメ

2020年02月12日 01:15

先月の1月30日から2月の3日の間、4日間

第二回の文化投資が開催されていました

前回の雪辱を果たすため、1位の特典料理を作るため!

私も堂々と参戦してきました。

さて 今回の舞台は アラブ

紅海 セイラ  ジェッダ マッサワ アラビア海 アデン ジョファール 5港

最初に文化投資を行った港でしか投資が出来ないため港選びはかなり重要になってきます

前回の文化投資ではガボンが激戦地

Astでは6.6G Eosでは10Gと 他の港より1.5倍~2倍くらい投資額が嵩んでいました



今回はアデンとかセイラが人気かな、投資をするための往復も比較的しやすいしと思い

それに皆運河を通ってくるから、ジェッダとかマッサワに文化投資を行う人も多いよね

それならば一番遠いとこにしよ!

私が選択したのはジョファールでした

ここで一つ大きな勘違いをしていました@@

kiminonaha.png

そう、文化投資において再投資を行う際には

大投資戦のように他の港の町役人に話し、再び戻ってこないといけません

ただし、文化投資の場合は 文化投資対象外の港に行って戻ってこないといけないのです!!

つまり この海域において 文化投資対象外の港で 直近なのは スエズ と ソコトラ

ジョファールは ソコトラまで1分かからないで到達できる最寄りも最寄

1番の激戦地になり得る港だったのです

ぎゃぼー@w@

ただ私がそのことに気付いたのは、ようやく最終日

私が初日に挑んだ時、既に1G程の投資を行っている方が上位を占めていたのを見て

今回は初日のレベルが高いなぁ と そのくらいの感想しか持っていませんでしたw

それに今回の文化投資から 1Gの投資に対しての報酬で 造船金紙が入りますし

それ狙いの人も多いのだろうと。

さて初日に行うべき事は 1位の奪取です!

前回の私は初日から 1位を狙える位置につけていたのですが

最終日に追い抜けばいいやと2位の立場で比較的のんびりしており

そろそろ終わりというところで

追いついては離され追いついては離され、目覚ましをかけて早起きしたらポポスさんも起きて・・・

結果最終日に1位のポポスさんに心を折られまくりましたw

文化投資とは心を折るゲームに違いない!!

これが第1回目の文化投資で学ばされた結論ですw

1位になるのは当然のこと

力を緩めず投資を続け、2位以下の人の心を折る!!

上位を占めている1G以上勢は投資をしていませんでしたので

3時間ほどかけて1位を奪うことが出来ました

そしてそれに追随する2位に同時に投資を行っているイライザさんが浮上

これはチャンスです!

目の前で心を折るのです!やってやるのです!

イライザさんはフランス人で私の知己の方なのですが、文化投資に情けは無用

戦いは非情さ

私は委任を切り、速度UPのおまもりをつかい、イライザさんとの差を広げにかかります

イライザさんが1.2Gくらい 私が1.7Gとその差が500mあたりになったところで

イライザさんが撤退

まぁ、時間も時間だったり、当然の決断なのですが

私は「イライザさんの心を折った@x@」と一人勝手に自己満足していましたw

そうそうそうそう

文化投資と言うイベント

投資家さんやお金を稼ぐのが好きな方には、全くもって向いてないイベントなのです

だってやっている間は何も得る物がないし、多アカを引き連れてやると時間だけが無駄にかかるし

かといって多アカを動かさないのも勿体ないでしょ

だからソロや2アカの方でも、十分勝負になる

ランカーになれる、1位になれる!

みんなもやろうよ文化投資、そして心を折って折られて楽しもうよ!!

そんなこんなで最終日

jyofa-ru.jpg

いぇいー!

途中で止めても良かったのかもしれないけれど、油断が出来ないと日々投資を重ね

逃げ切ることに成功しました!

これでマンディがつくれる!!!

この日のために9まで上げた調理スキルが火を噴くぜ!!

ちなみに他の港は

アデン
adenn.jpg

セイラ
seira.jpg

マッサワ
massawa1.jpg

ジェッダ
jedda1.jpg

こんな感じ

想像通りセイラとアデンのレベルがやや高い感じ

ひょっとして再投資は文化投資対象外の港に行かないと請け負えないと知らなかった人が多かったんじゃないかな

きっとそうだよ、みんなドジだなぁ@@

でも2G、3Gくらいの戦いだったら 少しお金貯めれば個人でも出来るし

文化投資は良いイベントだなぁと改めて思ったり

出来れば1位の人のは2つ名が欲しいなぁ・・・


マンディあります!
欲しい人は声かけてね(有料)





[心を折れ!文化投資のススメ]の続きを読む


最新記事