大戦前夜

2014年01月16日 01:59

1月13日
翌日の連盟決定を前に、フランスチャットで話題が出る。

対象港はティレニア海・チュニス。
ティレニア海にはフランス港が3つ、もう一つの海域がリグリアになれば更に3つほど増える。
それならば相手が屈指の要塞攻守を誇る蘭・伊連合でも、守り勝てるのではないかと楽観論が出る。
発言したのは自分だったりするのだが・・・。
とりあえず物資の生産・提供・バザーの約束をする。
課題は、大海戦に興味を持ってくれる人の増加。そんなこんなで1日を終わる。


1月14日
対戦国は予想通り蘭・伊連合と決まる。連盟は英国。英国がいれば、撃ち負ける可能性は減るので一安心。

英国の投票が、3割ほど蘭国に偏っていた。蘭国との厭戦モードが強いのか?
商会員Rさん曰く、ネデへの投票を促す誘導員がいたとかいないとか。
こういうところから大海戦は始まっているのだなと感心。


以下、フランスチャットの内容。
せめてオスマンが、こちらについてくれれば・・・との話が出るが、オスマンへの亡命は伝統的にヴェネ出身者が多い。
史実ではフランスと同盟を結んでいたオスマン帝国だが、ボレアス内では無理だろう。


海域はティレニア海とリグリア海かな?→それはない。→ってことはティレニア海・イオニア海???
要塞が3:4、結構な殴り合いじゃないか。。。
アルジェ・シラクサ・ベンガジ VS チュニス・カリアリ・サッサリ・トリポリ
(ナポリはこの時点ではポルトガルだった)


事前にナポリ・ベンガジ・シラクサの港を押さえることは出来ないか→反撃がくるだろう。それに対抗する資金は厳しい。
逆にこちらの港が削られる恐れがある→そのときは、出せるだけ出して徹底抵抗しなくては!


ココ・ヘ>防衛主体で
ココ・ヘ>いいんじゃないかしら
ココ・ヘ>どうせ護りきれば勝ちだ
要塞数が勝っているので、守備を主体とした戦術で引き分けを狙おうということになる。


そして話題は戦後の話へ。
現状イスパニア 2100 フランス 1840 と 少し間が開いている。
戦後は、ちょぼちょぼと投資して差を縮めたい。
ビリでもいいが、離されすぎないビリが望ましいのだ。
少し資産があるので、投資には参加する約束を交わす。


今回は負けなければいい。
商会員Eさんとも、負けられないねと話す。
そんなこんなで、この日も終わる。



1月16日
たまさんから、どうする?とTELLがくる。

とりあえず目に付くのを召集して、話し合おうよ。
ということで、チャットルームが開設される。


ナポリがヴェネの投資でヴェネ側に転がり、要塞数は4:4のガチンコ。
ヴェネが消極モードだったらいいのに→絶対工作来る。ヴェネはフランスには楽勝と思っていることだろう。
領土がないので影響力以外のメリットはないが、ヴェネの攻撃は激しくなるだろう。
要塞堅持を目標に、あわよくば一泡吹かしたい。


必要物資の確認 
事前準備情報
要塞攻撃力 マックス 200 →16門大砲1基につき+3? 14門で+2かな?
要塞防御力 マックス 200 →鉄板で+2 圧延で+3
要塞耐久力 30000    →鉄材1で+4
各自チャットをしながら事前準備の生産に入る。→自分はカロネ・キャノンの増産へ。


前日の14時から、構築目的で大海戦クエが請けれる→INした方から突っ込もう。大海戦チャットで呼びかけよう。


イングの支援は薄いかも → 前回の大海戦で大敗北。それに要塞構築に手を入れた過去がほぼない


ネデは多アカ商人が各要塞を回って、逐次状況を報告してる→仏にはいないw→巡回で、なんとかしないと・・・


能登鯖からの援軍がある → 2艦隊程 → うちのフランスにはでかい、現状20%以上の戦力のはず!→笑えないw


事前の特殊指令艦隊の把握ガ必要。


我が方には、工作・保守艦隊の経験が無い→経験者が、たまさん 一人だけw
たまさんが工作艦隊を名乗り出る。→ 正直ありがたい。
Rさん、Cさんが保守・指示出しをがんばる。→お願いします;; 


チャットの中には、大海戦自体初めての方もいる。
それだけ今回の大海戦に危機を覚えているフランス人が多いのだろう。
戦術的にまとまりながら、楽しんでやろうと伝えはしたが、正直負けたくない。


最新記事