大海戦始まるよ!!!

2014年06月10日 14:00

多少悩むところもあり、さりとて話の話題も無く、暫し雌伏の時間を設けさせて頂きました。

さて、大海戦が始まります。

アストライオス開幕第1回目、記念のカードとなる組み合わせは

東の金獅子ことヴェネツィア共和国 VS 北の商業国家 ネーデルラント連邦共和国

アストライオス・皆様の意見を聞き拾ってみると、何故この2国の対戦なんだ???の声が圧倒的。

そう小国同士の対戦となった今回のカード

ヴェネツィアとネーデルラントは、アストライオス投資大紛争の中でほとんどかちあっていないのです。

国が接しているわけではないし、BとEを比較してみても同盟港もほとんど重ならない。

多少外洋で小競り合いはあったのかもしれませんが、それとて目立たぬ程度。

ヴェネツィア共和国と熱烈やりあっていたのは我がフランスであり

何故、ヴェネ・ネデ間で大海戦が発生するのか???

ヴェネツィアVSフランスが発生するべきだったのではないか?

とアストライオス一同ポカーン@@としています。


個人的には、ヴェネツィアとの大海戦が回避されて安心しております。


現在の処、東地中海では膠着状態。

フランスがアテネを取り、残り6港をヴェネツィアが所有しております。

一時はスタートダッシュが決まり、フランスが5港を奪取したのですが

その後ヴェネツィアの猛反撃を受け、今や何とかアテネを確保するが精一杯。

いや、ベイルート、カイロ等に再反撃をすることも可能なのですが

余力的には十分にあるのですが、必ず同程度の反撃が返ってくるのですw

そこはアテネを一時的に手放したヴェネツィア側も同じ事を思っているのでしょう。

アテネは今回の投資戦で一番の激戦地でした。

アテネを始めとした東地中海数港は、エウロスフランスのプライド。

その中心となるアテネの堅持には、並々ならぬ決意があります

ヴェネツィア側がアテネに数Gもの投資を行うと、フランス人が続々と集まり数Gを返す。

この繰り返し。

幾らヴェネツィア側に投資力があろうとも、これは面白くないはずです。

反面我々も、他の港に手を出す気力が徐々に削がれていきました。

だってその間にアテネに来られたら・・・

これが現在の膠着状態の状況ではないでしょうか?


この膠着状態の両国に大海戦が発生するとなると、そして対象港が東地中海になってしまうとなると

これはもう、アレなわけです。

勝っても負けても、再び朝討ち夜駆け、出入り討ち入り当たり前の緊張を孕んだ東地中海に戻ってしまう訳です


我がフランスとヴェネツィア間は、今後とも常に緊張感が漂っている状態が続くと思われます。

大海戦ともなれば、両国間はヒートアップするでしょう、盛り上がるでしょう。

ゲーム的には面白くなる要因なのですが

一旦ブレイクが必要だった。

今回の大海戦で両国間の発生が避けられたのは、ある意味僥倖だったと言えるのではないでしょうか?


さてさて、我がフランスは大海戦を避けることが出来たのですが

隣国ヴェネツィアは東地中海堅持を図るために大海戦を勝ち抜かねばなりません。

対戦カードは、このようになりました。

アストラ大海戦始まるよ


ネーデルラント陣営には、度々サロニカに手を伸ばしているオスマン帝国

そしてヴェネツィア側ナポリ・シラクサを浸食しているイスパニアが連盟に参加をしました。

対するヴェネツィア側には、ネーデルラント憎しでイングランドが参加。

伝統的にエウロスイングランドは、ヴェネツィアと連盟を組むとの話を聞いておりますので
その影響もあったのかもしれません。

港の数は、ネーデルラント側がオスマン港5港

ヴェネツィア側が、東地中海6港。
(アテネを直前に襲撃してくる可能性も否めませんが、フランスとしては堅持すると表明しておきましょう)

5港VS6港、なかなか拮抗した好カードなのですが・・・

今回大海戦に本気で取り組む国はあるのかなぁ?と疑問です。

オスマン帝国こそ、東地中海の権益は望むものでしょうし、黒海・アレクサンドリアの堅持は絶対宿命でしょうが

ネーデルラントのヴェネツィアに対する遺恨や戦意は薄く、領土的野心も少ないはず。

イスパニアもナポリシラクサへのけん制のためという下心はありそうですが、

このご時世に気持ちは一つになっていないはず。

対するヴェネツィアも、そこまで余力があるのかな?
守り切れば御の字なのではないかな?と隣国フランス一個人としての観点ですが。

連盟のイングランドは、未だネーデルラント潰しを続行中の上、
エウロス・ボレアス共に大海戦を継続して戦っております。

果たしてこの状況で、本気で参戦とはならないだろうなぁ。

それとは言っても、海戦好きのイングランドとネーデルラントは、それなりに艦隊が繰り出されるでしょうし

ヴァネツィア側も要塞優位を生かして、防衛戦を徹底するでしょう。

盛り上がりを欠くとはいえ、それなりの大海戦が展開されると思います。


フランスとしては、正直、なんとかヴェネツィアが負けてくれないものかwと神頼みしている状況。

元ボレアスのフランス人の中には、傭兵とは言え英国と敵対側に付きたくないと言うものも多いのです

でも、そう言ってしまうと、アレじゃん。

元エウロスとしては、元ボレアスとしては、論争が始まってしまう。

個人的感情は尊重したいし、そもそもフランスの意見等というものはありません。

我々コミュは、フランス好きの、あくまで個人の集まりであり、フランスを代表しているわけではない。

参加するのは自由ですし、強制力もない。

だけれでも、なるべく多くの方と話しあえる環境になってほしいなぁと思う訳です。

テンションの違いとか、浮かれ気味とか目につくとこもあると思いますが

温和な気持ちで生温く見守ってほしい!

そう、つまるとことみんなでフランスごっこがしたい!

そうそう、何度も悩むけど、ここをまた思い悩んでいたわけですw

1人で解決しましたw


フランスコミュからは、対ヴェネとして工作艦隊と補修隊が参戦します。

これを機に大海戦に参加してみたいなぁという方

工作って?補修って?興味があるなぁ?という方

これらの参戦に大海戦用の戦闘艦は必要ありません。

若し宜しかったら一緒にやってみませんか???

コメントなり、その辺で声を掛けていただくなりして頂けましたら、舞い上がって喜びます。

直接的な勝ち負けは関係ありませんし(勿論勝ったら嬉しいのですがw)

これを機会に一緒に遊んでみませんか???


アストライオス フランスは、
あなたの大航海時代参加を、フランス参加を心待ちにしております。



商大ガレオンリーグとかも面白そうだし

6月22日には統合後初のロンドンバザー?
前に観に行ったときは、なんかビンゴ?みたいのやっていたなぁ。

2個あると聞いた気がするアムスのバザーはどうなっているんだろう?

統合して色々楽しそうな事はあるんだけども、大抵ジェノヴァで座り込む毎日。

ペルソナQが面白くって・・・

んでもでも、そろそろウロウロしたいなぁと個人的には思っておりますw



  

適当にやればおk 勝ったときだけ俺TUEEEE 負けた時は知らん顔。

2014年06月03日 03:17

タイトルは

ブログについて、アストライオスで知り合った新しいフランスの友人が言ってくれた言葉

だから今はしばらく書かないでもいいんでないか?とのこと

それもそうと思ったんだけど

「俺いっつも勝ってから書いてたわ お前ら弱いっすね^^^^ みたいにw 実は何度も負けを覚悟してんだけどなw」

そう言われると、ここは敢えて書かねばという気持ちに。

Mだからねw


西のイスパニア、東のヴェネツィア、両国相手に強硬路線を歩むことを選択したアストライオス・フランス。

フランス人各々はそれぞれ絵に書いた餅をイメージしていた。

そうそう上手くいくわけは無いと思ってはいたのだけどね。


さていざ開幕となったら、やっぱり。

一進一退とは、このことか。

決して旗色が悪いわけではないのだが、各国にも戦略がある、維持や沽券がある。

毎日のように港を廻ったもぐら叩き。



この状態がいつまで続くのかが不安なんだ、個人的に。

投資している他の人はどう思っているのだろう?

自分は、まだいけるかな?という感じなんだけど

お金稼げないよー、お金使いたくないよという方もいるよね???

Bだからここを護りたい、Eだからここは諦められない。

そういうの絶対あるよね??

折り合いつけたほうがいいのかなぁ?折り合いなんてつけれる??

各個でバラバラにゲリラ戦に入ってしまうのかな?

それに投資に興味がない人は、どう思っているんだろう??

まぁ、適当に頑張ってくださいなー的に醒めてるんじゃなかろうか?

こんなんばっかり考えて、兄さん、お腹が痛いよー状態


と言う事で、不安でいっぱいグロッキーな自分を労わっていただくために

6月2日に連絡がつくフランス投資家さん同士で慰労会を開いて頂きました。

えぇ、労わっていただきましたw

当然、内容については申し上げられません。

連絡が付かなかった方、興味のある方は、個人的に連絡をください。



まぁ、正直港を維持する投資、奪い取る投資なんてのは、ゲーム内のイベントの一つにしか過ぎない。

興味がなくとも問題ない、造船とレシピのためだけの投資でも構わない。

別に投資をやらなくたって、国が好きでいてくれたら、それだけで嬉しい。

自分的には、こういうスタンス。


ただ・・・

育った鯖のシンボル的な港を維持したい。

あの港は、○○○さんが護ってくれてたんでしょ?なんとかしたい。

フランスが唯の弱国として侮られるのは困る!そこそこな弱国だ!

投資というのは防波堤だ!

投資をしている人の多くは、こういう信念を持っているんだ。

お金がいっぱいあるからでしょとか、旗替え国取りゲームなんでしょとか、

昔は自分もこう思っていたんだけどさ。


大海戦で必死に守り抜き、そして勝ち取った港を見ていると、

そして信念で投資をしている方達とお話をしていると、少しずつ感化されてしまうのだよね。


同盟港とは気持ちが詰まったものなんだと。



当然ちゃ、当然だけど。

南蛮売り場等の利益等も確かに重要。

近場に同盟港が多いと、新人さんも楽になるよねとの声もアストライオスで初めて聞き、

あーなるほどとも思った。

国が富むため、我々フランス人が楽しむため、そして新しいフランス人のため。

信念以外にも、当然同盟港は重要になってくる。


そこに信念があってもいい。

そして無くてもいい。


フランスの旗があったら嬉しいな、増えたら凄いなから始める投資というのも面白いかもしれません。



さてさて、ボレアスだ、エウロスだというのもナンセンス!

そうは言っても口から出ちゃうもんですが。

今後は新しい一つのアストライオスフランスとして 一つの国を創り上げていかないといけません。

何か面白いキッカケとかないかな。

イベントとか出来ないかな?と検討中です。

何かアイデアとか、こういうのやりたいなとか、そういう声頂けると

最終段階で○投げ出来るので嬉しいですw

他国限定イベントなんかでも、見学していいよーとお思いでしたら、
参考にしたいので呼んでくださいw


アストライオス フランスは、
あなたの大航海時代参加を、フランス参加を心待ちにしております。




  


最新記事