車内で更新ボタンを連打し、やや涙する

2015年03月22日 06:55

ナビゲーターを務めていたにも関わらず、終盤ではギルダーさんとブラジュロンヌさんに何も言わずに分投げる。

こうしてはいられないと、逸る気持ちで単騎司令封鎖に駆けつけるも・・・

大開戦初日の終わりを迎えたのは、そんなサントメの南西。

終わってしまった。

負けてしまった。



途中で何度か分岐点がありました。

どうしようどうしようどうしようどうしよう

自分が信用できない、誰の意見が正しいか解らない、尋ねて聞いても迷う

もう悪循環

その結果。

自分の選択は、裏目裏目をついたような気がします

戦力が拮抗していた、金曜日は出足が鈍いから攻め落とせる数が揃っていなかった

相手連盟を褒めるしかない、こっちは精一杯やった

色々と慰めていただけましたが

基本がネガティブな私です

かなり落ち込みました



反省会では、様々な問題点が噴出しました。

勝とう、落とそう、そういう気持ちばかりが先走り

基本的な事が何も出来てはいなかった



そう気付けば、それは必然の敗北でした


要塞数が3:2と数で劣り、100PT差は最初から存在したのですが

ネーデルラント連盟 1007 : 758 フランス連盟

ポイントはそれ以上に引き離されてしまいました

想像以上の負けっぷり

今回は!今回こそ!の気持ちが強かったらAstフランス人にとっては非情に大きな重石です

反省会を終えた自分も

このポイント差を跳ね返すことが出来るのだろうか?

明日明後日はどうなるのか?

この重石に押しつぶされそうでした

しかし。

完敗乾杯それどっち

時間も時間、0時を過ぎているというのに、

皆様だってお疲れでしょうに

連盟・傭兵で加わっていただいたポルトガル・イングランド・ヴェネツィアの皆様から

そして同じく落ち込んでいるはずのフランスの皆から

想像以上のエール、そしていつまでも続く乾杯の嵐(ドイツ式)

もう、何故だか目の前が曇ります。

落ち込んでばかりはいられない

みんなが喜べる結末を迎えれるように、自分が心から笑えるように

明日こそは勝たなくちゃ!



そして3月21日 大海戦 2日目の19時。

私は所用を終え、帰宅まで2時間以上掛かる場所におりました。

コンビニでガムテープを購入し、車のウィンドーにスマホを貼り付け

開くページは@Web!

大海戦の大会情報-大海戦を画面に表示させたまま、ハンドルを握ります。

20時の開戦

ポイントは300-200からのスタートです。

昨日の時点で、差は250PT程。

ということは、本日350PT以上の差を挽回しなくてはいけない

これはかなり厳しい状況です。

相手要塞を一つ落とした状態でも 200-250と 50PTの挽回にしかならない

となると艦隊戦で200PT以上の差を付けねば勝利は望めません

ドキドキしながら、都度都度スマホの更新ボタンを押します

すると

小型の終盤で、ネーデルラント連盟 505 : 586 フランス連盟

経過も逐一見ておりましたので、いきなりびっくり!となったわけではありませんが

序盤から、我々の連盟チームは要塞差の100PTを跳ね除けて

それ以上のPTを上乗せする快進撃をみせてくれているじゃありませんか

この時点で、ネーデルラント連盟 1512 : 1344 フランス連盟

昨日の250PTの差が埋まりつつあります

いけるかもしれない

みんなありがとう

袖口で目元を拭います。

勝ってから泣けと言われているのに、涙が毀れます

またまた、そしてまた更新ボタンを押します

気になるのは、昨日との累計です。

その差を150PTまで詰めることが出来れば、

相手要塞一つを陥落させることに成功すると数字が並びます。
(例えば N連盟 1500:1350 F連盟 → 要塞陥落 → 1400:1400)

小型終了の時点での差は、168PT。

このままの勢いならば、要塞を陥落させることが出来れば昨日の失点を挽回出切る


しかし、昨日の相手連盟の要塞は堅固でした。

正直言いまして、落とせる可能性は少ないと感じていました。

昨晩、茶室の皆様が考えられた策についても、難しすぎて通用しないのではと

正直半信半疑でした。


要塞が落とせなくても、明日の勝利につなげるためには

差を今よりも縮めなくてはならない。

スマホの中、数字だけの連盟艦隊は、じわりじわりと差を縮めます

その差は100PTほどになっていました

いてもたっても居られません。

駐車場に車を前から突っ込んで、スマホを引っぺがし走ります。

ただいまー!!!!!

10分前

中型10分前にたどり着くと、連盟艦隊はサントメ・アビジャンに猛攻を仕掛けている最中。

サントメもアビジャンもいける??

本当???

自分の口から飛び出す言葉は、すごいすごいすごいしかありませんでした。

パソコンの前でも、思わず口に出ます。

現場を見なくっちゃ!応援しなくっちゃ!

ベニンから飛び出して、西へ、アビジャンへ!

燃えてる!アビジャンが燃えてる!

アビジャンには工作艦隊が次々と特攻し、その前では連盟艦隊が嵐のような砲撃を続けています。

アビジャンの耐久は20?

耐久15

そして残り4

これはいける、アビジャンは落ちる!

猛攻





しかし・・・

しかし。

あぁ、無情。

無情

アビジャンは残りの耐久 僅か4を残して踏みとどまったのです。

これにはネーデルラント連盟の執念を感じました。

だが、これで終わりではありません。

あと1時間、大型艦の火力を持ってすれば、残り少ないアビジャンの耐久くらい

そしてギニア湾で健在のサントメ港の耐久さえも、吹き飛ばすことが出来るはず。

自分は大型艦に乗り換えて、空いている艦隊に滑り込みました。

引き続きアビジャンへ砲撃を!

残りの耐久は10!

チャットではアビジャン攻撃が連呼されています。

大型艦の火力を持ってすれば容易いはず。

そう、大型になると火力が高まるので、要塞のステータスをより削ることが可能となります。

けれども、大型になると輸送力が高まるので、要塞のステータスもより回復させることができるようになるのです。

昨日の反省会で、構築の1回は工作5回分だ、構築を止めることが重要との金言を頂きました。

それを踏まえ、本日は厚い厚い封鎖状況を企図、多数の構築封鎖艦隊を組織したのですが

それでも、その包囲網をすり抜ける構築艦隊は存在します。

大型になり、ネーデルラント連盟も、構築艦隊を増強したのかもしれません。

残り耐久10!の報告から、アビジャンは暫時回復し、防御50 耐久100と超回復を見せました。

ほぼ同時にサントメ攻略隊からも、耐久が100近くまで戻ったと報告が入ります。

ネーデルラント連盟の構築部隊恐るべし。

ぐぬぬと怨嗟の声があがります。

だが、昨日味わった虚無感とは感じが違います。

自分自身も、我々の連盟も。


絶望してはいられません。

落ち込んではいられません。


自分の所属した艦隊も含め、幾つかの艦隊が海域広くに散開し、相手連盟構築艦隊を補足に向かいました。

まだ時間はある。

工作隊は両港に次々と突入します。

港前では艦砲射撃が途絶えることがありません。

封鎖艦隊からは、構築艦隊を補足撃滅したとの連絡が入り、チャットが沸きます。

NPC狩り艦隊は、海域狭しと飛び回りポイントを稼いでくれています。

相手精鋭艦隊に挑んでいた味方の対人艦隊が敗れました。
しかし、すぐさま復活し再戦に挑むのが見えました。

残り30分を切りました。

どちらの要塞もあと一歩まで追い込むも、ネーデル連盟は必死の防戦。

耐久30~50の間を行ったりきたり。


残り時間は20分を切ったあたり。

サントメ攻略隊より、驚愕の報告が入りました。

○○ー○☆○ー○○>サントメ 0/55/90 ナニコレ

サントメにネーデル連盟の構築部隊が集中したのでしょうか?

これでは、もうサントメは難しい。

アビジャンを落とすしかない

残り時間は少ない。

サントメ雨


アストライオス フランスは、
あなたの大航海時代参加を、フランス参加を心待ちにしております。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kokoblognano.blog46.fc2.com/tb.php/115-c0b9bc7d
    この記事へのトラックバック


    最新記事