FC2ブログ

底模擬ってなんじゃ@@?

2018年06月09日 00:10

ある日「土曜の夜辺りに定期的に底模擬しない?」とマリシュさんに聞かれた。

ほんほん、おもしろそー!とは言ったけど

底模擬ってなんじゃ@@?

底模擬とは、耐久が底の船で模擬をすること?

利点は、あんまり砲術スキルとか良い大砲とか無くても落としやすいから、初心者さんでもやりやすい?

難点は、準備とか調整とか難しい? 船を底にするのがめんどくさい?

色々考えても、自分にはよくわかりませんが

とりあえず反応を探ってみろみやがれとお願いされたので、反応を探りますw

概要】
旧エウロス鯖のマル模擬のような初心者でも参加しやすく、フランスの活性化を目的とし 毎月1回マルセイユにて底模擬を開催したいと計画しています。

開催日   毎月第一土曜 21時開始 (編成開始は20時50分ごろから)
場所    マルセイユ広場 戦闘はマルセイユとモンペリエの間の海域
船     基本自由 G3可 スキル自由 ただし装甲は板込みで90以下
船側砲   ノーマル大砲60門 
錬成スキル 錬成効果無効設定
編成方法  ダイス100
装備    自由
国籍    自由
その他   途中参加も途中離脱も自由
広報    コ・・・コへ
運営?   ぐうどる&マリシュ+募集

どなたでも参加可能 船も60門積めればなんでもおk 
おぽ模擬とか敷居が高くて参加しにくい人でも気にせず参加できるゆる~い模擬を考えています。
○○はこうしたほうがいいとかいう意見があればどしどしお願いします。
出来れば賛否も頂けると幸いです


とあるノーキンのノブ☆レスさんに話を聞いたのですが、

底にするのが手間かかる、装甲の設定とかめんどくさいかもしれない、基本なんでもありしかしないから

ただ、誰でも参加しやすいのはいいかもしれないねと

うんうん、そうだよね

一手間あるけれども、誰もが参加できるってのは良いよね

他の方はどー思うんだろうか??

色々な声を聴いてみたいので、良かったら、こちらに書き込むか

月1マル模擬計画
上記に書き込んでくださいw

そそ、もちろんフランス限定とかではないので、誰でも良かったらどーぞ!

出来ればご協力ください!

以上、広報の コココココココ ココ コ・・・コへでした@x@

アストライオス フランスは、
あなたの大航海時代参加を、フランス参加を心待ちにしております。
あ、そうそう、Astフランス麻雀実装委員会にも協賛しております、たぶん無理だろうけどw




スポンサーサイト


コメント

  1. マリシュ | URL | -

    Re:底模擬ってなんじゃ@@?

    エーと追記しておきます
    船の耐久がそこでない場合 戦闘開始時に底耐久 無強化時の半分+強化値 をSAYで報告し クリティカル出た場合などに その値以上のダメが表示されたら 死亡 などと言って 主戦場から離れた位置で停戦して戦闘終わるまで待機

    G0の場合 耐久底になるまで板無しで参加でもよし

    わざわざ底耐久にしてから参加する必要はありません

  2. たまち | URL | -

    Re:底模擬ってなんじゃ@@?

    店売りバルシャ模擬たのしそ~w(誘導

  3. Monday | URL | -

    Re:底模擬ってなんじゃ@@?

    模擬は大変敷居が高く出てみたくもなかなかです。ほかの国でもよいとなれば是非とも参加したいです!

  4. こここここ | URL | Ld0RxWao

    Re:底模擬ってなんじゃ@@?

    マリシュさん
    追記ありがとうございます。
    慣れた人が教えてくれると別の方から説明を受けましたが、
    途中リタイヤの自己判定が難しいとの声も、
    自分を含めて(自分とあと1名だけどw)上がりました。
    リタイヤなのに判別つかなくて撃ってしまったら怖いとか、
    そういう心配どころもあると思いますw

    たまちさん
    それはまた別の機会でw
    企画なさってくれてもいいのですよ@x@

    Mondayさん
    勿論大丈夫!w
    日にちが決まったら、また告知しますね!
    (もう決まってるはず?7月第一週の土曜日?)
    フランスBCとかでも、Mondayさんとかガイノールさんとか
    自分とどっこいどっこい位の人がいた方が安心するしw
    (え@@

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kokoblognano.blog46.fc2.com/tb.php/301-c434d07f
この記事へのトラックバック


最新記事