fc2ブログ

【第12回文化投資】Astraiosには鬼が棲む

2021年10月15日 00:23

11回は前に作った料理だったので、ランカーまででパス

今回、9月30日から開催された第12回文化投資の対象文化圏は、中南米東岸

思い返せば、そうあれは第6回文化投資

1日で2Gの挽回をされてトマスさんに大逆転された記憶が頭にこびりついております


今回は負けれないぞ、勝ってタマルを延々と作るんだ!との意気込み強く戦場のメキシコ湾に乗り込みます

投資港は前回と同じなので、傾向は掴めていました

マラカイボ 地獄

ポルトベロ やや地獄

メリダ 普通

ヴェラクルス 遠い往復が地獄

ここで私はヴェラクルスを選択しました

前回はメリダで私が負けて、ヴェラクルスでmiharucoさんが負けています

ヴェラクルスは遠くて大変だし私が引き受けようと少しは思いました

ただこれが後々に大きな間違いだと、その時は気づいていませんでした

1日目
ヴェラクルスから投資の再申請をするトルヒーヨまでの往復時間は7分半ほど

1時間には7.8回程度の往復 金額にして171.6M

50%お守りを使うと1時間で9.4回の往復が可能で 約 206.8M

ウィダーに乗っての条件なので、、サバンナでも恐らく1回程度上回るくらい

これを念頭に投資を重ねます

初日は1.3G程度の投資を行い 1位をキープします。

ランカーには ホルムズの悪夢を最後まで走り切った Pさん

ランカーの常連である イさんがおられたので、このあたりが手強いかな、仮想ライバルとして設定しました。


私は文化投資に参加する毎にテーマを設定します

今回のテーマは夜を駆ける

昼間から夜の時間帯に参加する方の姿の見えないところで投資を重ねて、プレッシャーを掛け続けようという作戦です


2日目
2日目の金曜日、とりあえず仕事から帰ったらそのまま昼寝しました

そして22時過ぎに徐にバタンと起きて、PCの前に座ると

私は2位に転落していました

1位になっていたのはやはり Pさんで 2.36G

昨日の段階で1.1Gの4位か5位で、そこから1.26Gの上乗せをしてきました

Pさんが乗船したのは移動用のマルタだったか

いつも高速で飛ばしている印象だったのでお守り使いとすると1時間に8回程度の往復と設定すると

金曜日で7時間ちょいの稼働か・・・

土曜日日曜日にもう少し動けるかもしれないようになると、かなり厳しいなぁと少し憂鬱になってきました

この日からmiharucoさんも参戦していたので、付近の状況と現状を相談します

彼女はは意外にもポルトベロに投資中

メリダは1位と2位間でバチバチと火花飛び散る往復合戦

マラカイボはお通夜会場

ポルトベロも1位の人が飛ばしてはいましたが、往復距離がわりと近いので

そこに可能性を見出すしか選択肢がなかったのかなと勝手に推測をしたり



文化投資の金曜日はわりと静観されて落ち着く場合が多いのですが、今回は違うようです。

全ての港で全ての港なりの大闘争が勃発している

むしろ私が引き受けたヴェラクルスが一番穏やかだったり

いやいやでもでもそれでも、ヴェラクルスだってPさんは金曜日から7時間動いてるんだ

自分にとっては結構な愁嘆場です

これは不味いぞ、どちらかが何か変わったことをしないと勝ち残れないかもしれない

そもそも夜を駆けるって言ったって、相手の7時間を夜だけで挽回するのは不可能です

今日だって、いや、もう日付は変わりスズメがチュンチュン言ってるんです

何が夜を駆けるだ、もう朝じゃないか、限界限界限界死ぬ

2日連続4時過ぎまで起きていて、実際夜を駆けるは破綻しかけていました、作戦失敗です

ここで作戦を変更です

そうネゴシエーションタイム

私は Pさんの投資金額を追い越さないギリギリで寸止めしました

そして町役人の横に「お話しましょう?」と看板を出します

アピコメには「昼・夕方に顔を出します」と入れて、布団に倒れこみました午前5時


3日目
土曜日は休みだったので、いろいろやりながら時々PCの前でチェックをします

そして夕方、再度チェックをしたときに、私の前に Pさんが立ち尽くしていました

Pさんは私の魂胆を訝しんでいるのか、見抜けずにいるのか、怪しげな面持ちです

しばらく立ち尽くした後、新たな投資権利を得るためにか、出港していきました

もう1押しか!!

私は看板コメントを「中身います!」に変更します

しかし戻ってきたPさんは、私をチラ見するだけで再び出港していきました

まずい、怪しすぎたかも・・・

こうなったら是非もなし

私は思い切って「こんにちは!突然すみません!」とPさんに直接TELLを送りました

返事はかえってきません

知らないやつ、しかも仮想敵にいきなりTELLが来たら警戒もするよね

自分だったら絶対無視だよなぁ・・・あぁ、失敗したと落ち込んでいるときに

キタ

その瞬間、歴史は動いた

「こんにちは^^」と Pさんから返事が返ってきました

Pさんに懇々と訴えかけます

私も Pさんも1日7時間も8時間も投資を続けると疲弊してしまう

たかが文化投資のために、そこまでするのはお互いの体調と時間が勿体ない

うんうんと頷く Pさん

そしてここからが本題です

「Pさんは何が目的で続けていますか? 金紙ですか? お料理ですか?」

文化投資料理が目的だった場合は、残念ながら戦いを続けなくてはいけません。

しかし、金紙が目的だったら・・・

文化投資は1G以上の投資で金紙1枚

ランカーに入ると金紙2枚、トップで金紙3枚が入手できます

金紙1枚の相場はだいたい1Gですので、2G程度でランカーに入着できるならば割とお得感満載です

トップとランカーの差は金紙が1枚 金額にしてわずかに1Gの違いしか、ほぼありません

ただトップになりたいという気持ち、満足感、相手への敵愾心、ついでに料理を作ったるかーとのやったーた感

いろいろな気持ちが含まれますので、それは1Gより、金紙1枚よりも多くなるかもしれません

少なくとも私は多い

Pさんからの返答は「金紙ですね」 

しかし、金紙1枚で1位を買いたたくのはあまりに失礼

ここ2日間私を上回る時間を費やして、そしてホルムズで朝まで駆けたPさんです、矜持も強くお持ちのはず

そこで私が提案したのは

「金紙3枚をお渡ししますので、ここで文化投資はストップして頂けますか?」

Pさんに文化投資をストップして頂く

その代わりに私がトップで入手する予定の金紙3枚を全て、先払いで今ここで渡す

そして私は現場に張り付き、Pさんがランカー落ちをしないように見張る

更に出来上がった料理を999お渡しする!!

この至れり尽くせり考えに考えた条件に

Pさんは・・・

「はい、だいじょうぶです^^」

あぁ、良かった、ここにヴェラクルス3日目の時点での交渉は成立しました

Pさんありがとうございます!

ただ3位以下の方は 1.3G以下と低調ながらも、まだ40時間以上はあります

油断はならない

私は時間を観ながら、のんびりとだが300m、400mと投資を上乗せすることにしました


4日目
僻地ヴェラクルスも最後の投資を済ませようという方が多くなってきました

ただ3位以下の方も多少は増えましたがが1.4G程度と大した脅威ではありません

ヴェネツィアチャットでも、ヴェラクルスは未だランカーが狙えそうなので頑張るという話も聞こえていましたし

応援したい気持ちは伝えました

ただ

しかし、初日にランカー入りしてから圏外に落ちた方が再開していたり、

最終日に突如ランカーに浮上してきた方がいたりと、このままでは終わりそうにない気配もそこはかとなく

Pさんも自身のランクが気になるのか、最終日はヴェラクルスに顔を出されておりました

Pさんとしては、私にトップを譲ってくれましたが

万が一、私がトップから陥落した場合は、再奪取する権利がございます

Pさんがそう感じ始めるのも無理はありません

そう、そこはかとなく感じていた気配が、質量をもち始めていたのです

最終日にランカー入りした フさんが 圏外から3位争いを抜け出し、僅かにですが

2位以上進出の可能性を醸し出してきました

20時位の時点で、私が3.0G Pさんが2.4G フさんが1.4Gほどだったのですが

24時では、 フさんが2.0G程度まで追い上げてきていたのです

その差は1.0G 委任やのんびり目だとしたら 7時間ほどかかるのでセーフティリードとも言えるますが・・・

フさん乗するウィダーは猛スピードでメキシコ湾を駆け巡っています

並走してチェックしてみると、50%お守りを使用する私のウィダーよりも、幾分か速い

先にスタートしても途中で追い抜かれてしまうし、私の最速であった1時間9.4回を明らかに上回っています

木製だとしても速すぎる、帆性能は大した差がないし

これは恐らくお守り使い!!!

7時間のリード?

そんな甘いものでございません

24時の時点で実質はは5時間程度

残る時間は10時間半

フさんが止まる可能性もありますが、それを期待して寝るわけにはまいりません

逆転の目を出来る限り潰さなくては

明日の朝は早い・・・寝る時間は無い・・・きー!!!

涙をこらえながら、私は24時から再スタートをかけました

そして1時間ほど駆け巡ったあたりでしょうか

1.0Gの差はジワジワと縮まってはいましたが、時間としては大きく縮まってはいません

ただ消耗戦です、厳しいなぁと思っていたところ

その時に フさんからコンタクトがございました

フ「すみません、今話しかけても大丈夫でしょうか?」

それに対して私はずいぶん喧嘩腰に取られる態度で返答してしまいましたw

「いつまでやられる??w」

今になって申し訳なく思いますが、しかし文化投資は私の戦場、弱気に立ち回るわけにはいかなかったのですw

フさんからは
1位を狙っているわけではありません、警戒されていたら申し訳ないとの連絡でした

ホッと胸を撫でおろします

そりゃ警戒するわ!!

だって自分の乗ってる船より速いんだよ!時間もお金も詰まっていくしさw

それにその速さ、絶対欲目あったよ!!と思いましたが

正直 フさんはある程度面識のある人物でした、ジェノヴァバザーにも度々お越しいただいているし

人柄に問題のある方ではありません

ので、ぐっと飲みこみました、ここに書いてしまったことが実は内面でした、ごめんなさいw

だって速かったよ、速すぎだったよ!w

私と フさんとの邂逅は和やかに、出来上がるお料理を届けるということで終了しました

最終日25時

ヴェラクルスの大勢はいよいよ決しました

私はそのままヴェラクルスを後にし、同じく夜から再開したmiharucoさん往復するポルトベロに駆け付けます

ポルトベロトップの Rさんは6G程で止まっていました

いや、6Gは大方の文化投資でセーフティリードもセーフティ

普段だったら余裕でトップを取れる安全圏です

しかしここポルトベロは、グランドケイマンとの往復時間が短い

頑張れば1時間に330くらい、いやもっといけそうな感じもします

miharucoさんは4Gを越え、その差2Gあまりに迫り始めました

ワンチャンスある、私は町役人の横で密かにドキドキと、そう思っていました

しかし

危険水域だと感じたのか Rさんが再び投資を再開

同じ速度、やや速い速度で上回る Rさんを前に、miharucoさんは終了を決めました

私としては一緒に料理を作りたかったのですが、これも勝ち負けの常、仕方がありません

Rさんは、前回のアラブはジョファールに続いてのトップ奪取

そういえば、その時も最後まで3位の方と激しく競り合い続けていたように覚えています

次の文化投資でも警戒をしなければいけない存在です

こうして文化投資の最後の夜は更けていきました


ポルトベロ
beroche.jpg


2位のBさんは1位Rさんの2号機なので
Rさんとmiharucoさんの一騎打ち

途中で Rさんが起きて1G積み上げたところで決着がつきました

距離が近いと、安全圏確立までが難しいので気が抜けません。

メリダ
メリメリ

1位の るさんと2位の ささんが最後の最後まで熾烈な競争を繰り広げていました

ここが一番時間が掛ったんではないかな、おつかれさまでした

ささんは、近頃文化投資でよく見かけます

正直一緒したくないですw

ヴェラクルス
ヴェラヴェラ

1位~3位までは上記長文で話しましたが
4位5位圏外争いも白熱していました
当日24時あたりまでは1.3Gが4位だったと思うのですが
翌日確認したところ4位5位が1.8Gになっていました
恐らく誰もが牙を隠しながらギリギリで追い抜こうと思案していた結果
一定の時間から撃ち合いが始まったものと思われます

マラカイボ
画像を撮り忘れちゃいました
同じ方が1~5位を占めるのは美しくないし、皆が楽しめないと勝手な感想を持っています。

途中で聞いた話、今回は公式で結果が発表されていないので、具体的な数字は確認できないのですが

Eos鯖の4港はどこも2~3G程度で勝負が決まったとか

今後文化投資をチャレンジするならEos鯖での参戦もありかもしれません

少なくとも今回のAst文化投資には、どこの港にも幾人かの鬼が棲んでいました

【今回の文化投資教訓】鬼を倒す気概を持って挑め、鬼滅の文化投資

































スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kokoblognano.blog46.fc2.com/tb.php/443-fd40f327
    この記事へのトラックバック


    最新記事