将国のアルタイル

2013年11月01日 04:43




将国のアルタイル(14) (シリウスコミックス)将国のアルタイル(14) (シリウスコミックス)
(2014/04/09)
カトウ コトノ

商品詳細を見る


お気づきの方もおられるかもしれませんが、自分はオスマン帝国が大好きです。

も、もちろんフランスの次ですがw

遊牧の騎馬民族由来だからか、どこか牧歌的な印象があったり、宗教的寛容さを持ち合わせていたり

イェニチェリやスィーパーヒー等の魅力のある陸軍の軍制

イスパニアと地中海の覇権を争う、ハイレディン等北アフリカの海賊も加わった大ガレー艦隊

以前にも書いたのですが、フランスと同盟を結んだり、英国に援軍の派遣を示唆したり

欧州の敵であるイスラム教から一歩踏み出した姿勢

日本人的視点では、エルトゥールル号から繋がるイランイラク戦争でのトルコの友誼も忘れることは出来ません。

あぁ、オスマン帝国はかっこいいなぁ。

そんな自分が大好きなのが上記の 『将国のアルタイル』 です。

軍拡を続けるバルトライン帝国(仮想神聖ローマ・ドイツ・フランスを中心にした西欧諸国)は

ポイニキア帝国(仮想ローマ帝国)の後継を名乗り、大陸全土の制覇に向けて軍を進めます

十数年前、バルトラインを退けたトルキエ将国(仮想オスマン帝国)ですが

戦後は国家の復興を掲げ、商業・農業に力を入れていたためにバルトラインの猛攻に圧され気味

そんなトルキエの若き将軍(パシャ)マフムートが、大陸全土を駆け巡り

ヴェネディック共和国(仮想ヴェネツィア)、ウラド王国(仮想東欧ルーマニア・ハンガリー)

クォーレ地方諸国(分裂状態のイタリア)との同盟を次々に成し遂げ

連合軍を率いバルトライン帝国との決戦に向かうといった、そんなお話ですw

夢のオスマン帝国・欧州連合軍が漫画で実現するのです!

超燃える!!!

フランスが敵方なのが難点ですがw
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kokoblognano.blog46.fc2.com/tb.php/60-881a1c25
    この記事へのトラックバック


    最新記事