戦いは数だよ! 大海戦事前会議

2014年11月19日 15:59

今週末11月21日より、大海戦が開戦されます。

前回の記事でも記しましたが、攻撃側は我がフランス。

連盟国に北の覇者イングランドさんを迎え、北海の雄ネーデルラントさんと一戦を交える事になりました。

要塞数こそ、イングランドさんの加勢を得て4:4の同数となりますが

アントワープ・ヘルデル・フローニンゲン・ブレーメンと横一列に並ぶネーデルラント側要塞群は

ラインコントロールに優れていることは一目瞭然です。

対するこちらの要塞はユトランド半島に遮られている状態で、綿密な連携が取れない可能性があります。

圧倒的な連携力を誇る敵要塞群に対し、こちらは守備の不安を抱えたまま挑まなくてはいけ無い状況。

だからと言って、協力して頂いたイングランド側要塞に傷一つ付けるわけには参りません!

そして主戦国として参加するからには、お茶を濁す程度の参加では生温い!

普段は、小国の雄として羨望の対象であるネーデルラントさん。

当然、大きい因業も対立もありませんが、この大海戦では全力で勝ちにいかせて頂きます。


ボレアス時代は共に艦首を並べた仲であるイングランド艦隊の実力は折り紙つき。

鯖が違えど、お国柄は似寄るものなのか。

統合してその実力は遥かに上がっていると感じさせます。。

そして更にエウロス側イングランドの洗練された要塞コントロール術・要塞戦術が加わり、

味方となると頼もしい限りです。

だけれども、頼ってばかりではいられません。

何よりフランスが主戦国です。

フランス艦隊は小細工が大好きです。工作、構築、陽動にちょこまか走り回ります。

そして一部の艦隊の対人攻撃力も誇れるものです。

ただ、やっぱり数が少ない。

何度も口にしますが、伝えたいのは、もっと多くの方に参加して頂きたいということ。

船を持っていなくても、戦闘が苦手でも、参加する、参加したいという声が頂ければ

皆で大海戦を連れまわします!

だから安心して、気軽に言ってみてくださいね^^

それでも数が少ない

うーん、どうしよう。

あぁ、フランスにはこれがあった・・・

これを打開するには・・・やはり、我がフランスの伝家の宝刀。

誰かーたすけてー。

必殺の他力本願!

いつも一緒に戦ってくれているポルトガルさん、オスマントルコさん。

残念ながら、オスマントルコさんは今回は敵側での参戦となりますが

ポルトガルの皆様の半数以上の方がフランス支持の声を挙げてくださいました。

参加しにくい北海戦線だとか、不利な立場の大海戦になるだとか、

イングランドさんと気軽な立場で艦隊決戦をしてみたいという興味だとか、様々な要因がある中で

半数以上の方がフランス支持の声を発して頂いた事には感謝の念を禁じえません。

それでですね、大変厚かましいのですが・・・良かったら北海戦線まで足を運んでいたけませんでしょうか?

我々フランスも、ポルトガル国旗が味方にはためいているとなると俄然安心します。



そしてヴェネツィア共和国の皆様。

この口が言うか!!というお叱りの言葉、ごもっともです。

私自身が、貴国との長らく続く因業を巻き起こした要因であるということは自覚しております。

ただ統合し、時間も経過し、このままではいけないと両国のプレイヤーは感じ始めているのではないでしょうか?

現在は小国同士ですので、大海戦で対戦する事が多々発生するとは思います。

そういう場面で気持ちよく戦えるように、そして協力する場面では協力できるように。

今回の大海戦が、そのきっかけになれれば・・・と
援軍が欲しいゆえに美辞麗句を並べてしまいましたが^^;

個人的には、毎月ヴェネ祭に参加をし楽しませて頂いている身ですw

その皆さんと一緒に戦えたらな♪
そんな気持ちを抱いております。


そしてそして、Eosフランスの皆様!

余所の鯖に遠征するのは億劫だと思います。

お国の事情や、タイミング等、色々難しいかと存します。

ただただ、鯖は違えど同じフランス。

Eosフランスの加勢を迎えれば、何より我々Astraiosフランスの士気が多いに上がります。

是非ともご参戦くださいませ。


あー、そうそう、この記事の本質は事前会議の連絡でした。。。

フランス陣営事前会議

【日時】 11月20日(木) 21時~
【場所】 カレー 教会内※カレーで開催します
【注意事項】 英国の皆様へ カレーは飲み物ではありません



事前会議の詳細は、
公式BBS-フランス 『Astraiosブレーメン大海戦(11/21-23) 』 

公式BBS-イングランド 『Astraiosブレーメン大海戦(11/21-23) 』 

公式BBS-ポルトガル 『Astraiosブレーメン大海戦(11/21-23) 』 

公式BBS-ヴェネツィア 『Astraiosブレーメン大海戦(11/21-23)』 

上記をそれぞれご覧下さい。

多数の皆様のご参加、お待ちしております♪

アストライオス フランスは、
あなたの大航海時代参加を、フランス参加を心待ちにしております。















戦いは数だよ!とは?


「戦いは数だよ兄貴!偉そうにふんぞり返る前に勝つための手だてを!!」

連邦艦隊差し迫るソロモン要塞。

援軍にビグザム1機を輸送してきた総帥である兄ギレンに対して、ドズル中将が言い放った言葉です。

しかし、この時のジオンに都合のつくパイロットはいたのでしょうか?

ジオンに兵なし!と連邦のレビル大将の演説から、はや幾月。

敗北に次ぐ敗北、地球を追われたジオン軍の人材的余裕は、

既に枯渇していたのではないかと推測されます。

ソロモンを抜かれたらアーバオアークー、グラナダ、そしてジオン本領サイド3で迎撃戦を考えなくてはいけません。

一瞬の沈黙の後、「策は講じてある、支えてくれればジオンは勝つよ」

ギレンは、そう答えを返しました。


ドズル中将擁するソロモン要塞は、光学兵器による大打撃を受けながらも、果敢に連邦の攻撃を支えます。

そしてドズル中将は、家族、生き残った部下たちを脱出させながら

自らビグザムに乗り込み、連邦軍の追撃に待ったをかけます。

悪鬼のごとく立ちはだかったビグザムは、要塞攻略司令官ティアンムを戦死させる等の大奮闘を見せますが

ガンダムの攻撃で疲弊し、連邦艦隊に蜂の巣にされて爆散しました。

しかし、生き残った戦力はアーバオアクーに辿りつきます。

ドズル中将の遺臣団を迎えたアーバオアクーでは、ドズル中将の雪辱を期して戦意は高まりました。

更にソロモン要塞が連邦軍を足止めした時間は、コロニーレーザーの調整に費やされました。

結果コロニーレーザーは連邦軍の第一大隊を撃滅することに成功し、

連邦宇宙軍と守勢のジオン公国軍との戦力差は大きく縮まる事になったのです。

艦隊司令官を失い意気消沈する連邦軍と、雪辱に燃える守勢のジオン公国軍。

未だ連邦軍の数多かれど、これならば迎え撃つことが出来る。

総帥ギレンにとって、ソロモン防衛、ドズルの死亡からアーバオアクー防衛戦まで

全てが計算済みだったのではないでしょうか。

計算外だったのは妹キシリアの行動だけ。

「ふん、冗談はよせ」

「意外と兄上も甘いようで」

父、そして弟を切り捨てた兄ギレン。

最後はキシリアの凶弾に前に散りました。

スポンサーサイト


コメント

  1. fraise | URL | 9L.cY0cg

    Re:戦いは数だよ! 大海戦事前会議

     どうも~。
     Eosフランスwikiに、なぜかAstraiosの大海戦情報が載っていたよw

    http://eos-france.gamedb.info/wiki/?guerre20141121ast

     みもりん軍師が書いたのかな…?
     ひとまず要チェック!

  2. ココヘ | URL | Ld0RxWao

    Re:戦いは数だよ! 大海戦事前会議

    fraiseさま>
    おぉ、ありがたいありがたい;;
    みもりん軍師も、fraiseさんもありがとう!

    当日ヒマだったら、皆様と一緒に遊びに来てくださいな^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kokoblognano.blog46.fc2.com/tb.php/92-cd326cd3
この記事へのトラックバック


最新記事